アメリカの大富豪から教わった2つ

Book-knowledge

お金持ちは継続収入とレバレッジを利用している。

レバレッジとは?

例:スタバ、ケンタッキー、マクドナルド等など、これらの会社が大きく世の中に広がり、売り上げをあげているのは、フランチャイズで各地域にお店があるからである。
どんな美味しいフードを出しても、多くの人に買ってもらわないと、売り上げはあがらない。
これはどんなビジネスでも一緒です。Facebook、アマゾンなど、世界中でつかえるツールを作ったから、あれほど大きな会社になれた。
Googleもそうですね。

継続収入とは?

自分が働いていても、働いていなくても、自分のところに収入が入り続ける仕組みを、お金持ちは持っている。継続収入は一回働いたら、その一回分の仕事で得た収入は入り続ける収入でストック型になっていく。継続収入を増やすといくと、時間ができるし、増やせば増やすほど、時間の自由を手にするとこができる。

一般的なサラーリマンや自営業の労働者は収入を増やそうとすると、収入を増やせば増えるほど、時間がなくなる。そして仕事を辞めた瞬間に収入がまったく入ってこなくなり、生活が苦しくなる。お金持ちは継続収入を増やすことを考えているので、まったく逆のことを考え行動をしている。継続収入を増やす生活も安定し、経済的自由人になることができる。

レバレッジと継続収入

労働者とお金持ちの違いは、このレバレッジと継続収入の考えを持っているか、いないかで決まることが多い。

一般の人は労働者の多くは、幼い頃から学生時代まで、いい学校にいき、安定している会社、給料がいい会社にいきなさいと教わる。
誰かのために自分が働いてギリギリの収入をもらい生活していく道を歩んでいることが大半だと思う。

しかし、お金持ちやユダヤ系の人たちは、親から学校では教わらないことを、投資やビジネス、お金のことを幼い時から教わる。彼らは自分で考え、自分の人生と家族がどうしたら、より良い人生を送れるかを考える。

お金も持っていても、幸せじゃない人も大勢いる。健康じゃなかったり、時間がなかったり、家族を過ごす時間がなかったりと・・・

でも本当のお金持ちは、このバランスが整っている。時間があり、穏やかで、プライベートも家族との関係も良い人が多いし大切にしている。これらの人生を送っている人たちは、やはり継続収入とレバレッジを利用していることが多い。

レバレッジと継続収入これは人生を豊かに幸せに暮らしていこうと思うなら、避けては通れない道かもしれない。

今回のアメリカの大富豪の話しを聞いて、以前に会った他の億万長者に言われたことを思い出した。

お金持ちの考えマインド

ビジネスマンやお金持ちの考えで、在庫なし、継続収入(リピート率)、小資本で参入ができるものが、目の前にきたら、話しがきたら、あなたが好き嫌いに関わらず、その話を聞いた方がいいと言われたことがある。

それは人生を変える重大なことかもしれない。
だから好き嫌いではなく、できるか、できないかでなく、話の場にいきなさいと言われたことを思い出す。

そうやってチャンスを掴んでいくことを私は教わった。
そしてそれが自分にとってチャンスだと思うなら、集中して全力で学んで行動すること。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です