投資をするためのお金のため方と考え方

資産形成をしていく時に、特に投資したいが、お金がない。種銭がないという方々も大勢いらっしゃいます。

投資をするお金や種銭は今の本業の収入を増やすか、本業以外の収入を作るか、支出を減らすしかありません。

そこで簡単に種銭を無理なく作るとしたら、本サイトでもありまが、私産枠を決めること、その私産枠から514の法則で種銭を作れます。

これが本当におススメです。家族がいる方は家族との関係も良くなります。充実資金もできるので、家族と楽しむお金の使い方もできます。

浪費家、消費家、投資家がいます。

資産形成や投資をしてない一般的な人々は、特に無駄な浪費、消費がとても多い傾向があります。

なんだよ!そんなことかよ!って思うかもしれませんが、そんなことでお金は貯まっていきます。

年収が高くても資産を持ってない人たちは、この毎月の浪費、消費が高いので、お金がまったく貯まりません。

入ってくる収入に対して、適正家賃や適正な生活レベルというものがあります。
そして収入と支出がどうなっているかを見直すことをします。

収入と支出の見直し

収入 支出
・本業
・副業(複業)
・配当
・家賃
・保険
・積立て
・光熱費
・通信費
・携帯

適正家賃を知る

適正家賃は毎月の手取り金額の30%以内に収めることが理想と一般的には言われています。お金が貯まらない、資産がない人の中には、意外と年収が高い人もいます。

稼ぎもいいが、支出が高いのがこのパターンです。この適正家賃以内で住んでないことが多いです。

高級住宅に住んでいる、タワーマンションに住んで、非常に支出が高くなっているパターンがよくあります。

資産をつくる時は、ミエや人と比べないことです。人は人です。

保険を見直す

保険はこれは本当に、ちゃんと信頼できる人に見直してもらった方がいいです。
人によっては2万前後、無駄に払っている人も大勢います。

もし毎月1~2万の節約が出来たら、貯めことができ、資産運用をしたら、まったくお金の増えた方が違います。

私のおすすめは信頼できるいろいろな保険を扱っている人に見直してもらった方がよいです。

人によって、年齢、家族、収入が違うので、本当に自分に合った保険を提案できる人がいいでしょう。

現代人の必需品、携帯、通信費を見直す

携帯、通信は今の時代、格安SIMなどで、節約できます。
3代キャリアを使っている方は毎月の支払が1万前後の方も、まだ大勢いると思います。

しかし、格安SIM携帯にすれば、毎月の支払いが2,000円~5,000円にできます。
毎月、5,000円~7,000円の節約ができたらどうですか?年間で全然違ってきますよね。

格安SIM携帯しない理由は、多々ありますが、まずそもそも面倒とかよくわからないと言う人も多いみたいです。
このへんは周りの詳しい人に聞いてみてください。または私にお問合せ下さいw

格安SIMは電波はdocomo、ソフトバンクの回線を使っているので、普通に使う分にもお得です。会社、通信プランなど出しているので、自分の合ったものを使えばいいと思います。

よく格安SIM携帯にして数ヶ月間使ってみて、使用感は大手キャリアと大して変わらない実感や、解約金も2~3ヶ月もあれば元が取れてしまうこと、今までより家計の節約になって楽になることなどの声をよく聞きます。

そういう人たちは「もっと早くやっておけばよかった」大半の人がいいます。

無意識に払ってるいる光熱費

あとは光熱費ですね。これは電気、ガスなどが、自由化になり、今まで違って、自分で電力会社、ガス会社を選べる時代になりました。

しかしこの光熱費だけは、どの会社がメチャクチャ安いという会社はあまり見当たりません。もしうまくこれら光熱費をうまく節約するとしたら、支払い方を変えるといいです。

時代はキャッシュレス時代になってきているというのもあり、カード払いにするとお得にでることもあります。
カードをなるべく、1枚のカードを選び、そのカードで光熱費を払えば、あとはポイントを貯めるか、マイルと貯めることもできます。

そうしたら、ポイント貯める人はポイントで買い物ができる時もありますし、マイルを貯めるなら、家族旅行の飛行機のチケットになる時もあります。

このように支出を見直すと、毎月、本当に余計に支払っているものが、よくわかります。

これを見直して、自分に合ったライフスタイルをしていくとお金が貯まり、投資にまわす資金もできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です