初心者からの本物の投資と資産運用の考え方

資産運用

投資は投機じゃない。投機はギャンルブル。投資を投機と一緒にしている人が多いですね。

このこと理解をしてる人が少ないですね。

投機はリスクが高く勝ち続けるのは難しいから計画的な資産形成はできない。

投資とは資産運用、資産形成です。

・市場の拡大により資産を増やすことが可能です。
・将来の不安を解消する方法の一つです。
・計画的に未来の安心を作ります。

それと最近はよくFXやトレードとかよく聞きますが、基本、資産を気づいてる富裕層は資産運用はプロに任せています。

でわ資産運用はどこでおこなえばいいのか?富裕層に人気なのが、スイス、アメリカ、ヨーロッパなどです。資産運用のプロが多くいます。

資産運用や保護に適してる国はやはりAAAの国がいいでしょう!そしてプライベートバンクなどを富裕層は利用してます。

プライベートバンクについては私も初めた聞いた時は、まったく知らず、意味も知りませんでした。

世の中にそんな銀行があるのか?って思ったのを思い出します。

プライベートバンクは主に富裕層を対象に、資産の管理・運用や財産相続業務など総合的な金融サービスを行っています。

口座の開設には資産額などの審査があり。スイスを中心とする欧州に多くあります。

準富裕層などにはルクセンブルクが人気ですね。

ドイツ、ベルギー、フランスに囲まれたヨーロッパの小国がルクセンブルクです。

人口わずか約57万人という小国ですが、実は世界でも指折りのお金持ち国家として一目置かれている存在になっております。

更に一人あたりGDPが世界一の富裕国です。

日本での認知度は低いと思います。私もグローバルなお金の勉強をする前は知らない国でした。

私の周りもこのルクセンブルクで資産運用をしてる人が多いです。

理由はいろいろありますが、ルクセンブルクにはたくさんの資本があります。法人税率も低く、顧客の秘密をよく守るところです。

なので多くのアメリカ企業が多額の金をルクセンブルクの銀行に送っています。

お金に働いてもらうのに、このような小国ならではの政策と、地の利を生かした「成功している国」がとても良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です