金融とは

金融とは、お金を融通することです。すごく簡単にいうと、お金を貸すことです。

分かりやすく、金融機関は銀行で、銀行は預金として預かったお金を企業や個人に貸すことで利益を得ています。よく耳にする、消費者金融は自社の資金を個人などに貸しています。

金融の仕組みの間に、金融機関が入ると、直接金融です。間接金融、証券という形で市場を通じて融通すると間接金融です。

直接金融とは

証券を発行して、提供者(投資家や債権者)から金融機関を通じて直接資金を受ける流れのことです。

お金を金融機関から借り入れするのではなく、投資家から直接集める仕組みが直接金融です。

株式会社が株式を発行したり、国・自治体や会社が債権を発行するなどの方法がある。

株式や債権などの有価証券を発行し、資金を受ける側の「発行体」といいます。発行体が発行した証券を投資家が直接購入し、お金を発行体に届く仕組みが直接金融です。

直接金融といいますが、ほとんどの場合が証券会社などの金融機関を通しています。

金融機関はあくまでも投資家と発行体の間で証券の募集や売買の仲介を行うだけで、融通したお金をおよび購入した証券の名義は投資家です。

間接金融とは

銀行の機能を持つ金融機関のような第三者を介して、お金を必要なところに届くしくみが間接金融です。

預金者が金融機関に預金をすると、貸付・投資などによって資金を必要とするところに渡ります。間接金融はでは、貸付・投資などによって資金を必要とするところに渡ります。間接金融では、貸し倒れや投資の失敗などのリスクは、間に入る金融機関が負うことになります。

直接金融と間接金融

一般的に直接金融より間接金融のほうが、リスクが小さいです。ただし、お金がふえる割合も小さいので、リターンも小さいです。

発行市場

会社や国、地方公共団体などが直接金融の仕組みを使って事業に必要なお金を集める場合、出資者(投資家)を募って株式や債権などの有価証券を発行しています。このように資金調達する市場のことを「プライマリー・マーケット」とも呼びます。

お金と有価証券がやり取りされる場所が発行市場です。発行市場は実在する場所ではなく、発行の場を指す抽象的なものです。

発行された株式や債券を、投資家間で売買する市場を「流通市場」「セカンダリー・マーケット」です。

流通市場

発行市場で発行された株式や債権を、ほかの投資家との間で売買取引をする場所が流通市場です。証券の売買をする金融商品取引所(証券取引所)は一般の投資家が直接注文を出すことはできず、金融商品取引業者(証券会社)に委託して取り次いでいます。

公募

株式や債権などの有価証券を新規に発行して出資を募ったり、投資信託証券を発行して投資資金を集めることを「募集」といいます。この時に広く一般の投資家に向けて均一の価格で証券を発行し、資金を集めることが公募といいます。

私募

株式や債権などの有価証券を発行して出資を募ったり、投資信託証券を新規に発行して投資資金を募る際に、特定の投資家から資金を集めることを私募といいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です