年金をもらえるのか?お金持ちの資産運用で将来の不安を解決する方法

将来のお金の問題で不安を抱えている人も大勢いると思います。
私のところに相談に来られる人も、大勢の人が将来のお金のことに不安を抱えている人が大勢います。みなさん老後のことを心配していますが、なぜ不安があるでしょうか?

ただ漠然とニュースを見たり、新聞に書いてあったり、周りの人の言葉で年金が少ないじゃないか、年金がもらえないじゃないかと、耳に入ってきてしまっているだけで、具体的な数字を出してない人や計画的に考えてないとからだと思います。

よく老後が不安です・・・と話す方がいますが、では具体的にどのぐらいのお金が必要なのか?いつ引退して、どんなライフスタイルで老後を過ごすか、どこに住むのか、目的があるかが、人それぞれ違ってくるはずです。

人によって毎月15万で暮らしていける人と30万ないと生活できない人とでは、引退するまでにお金の金額が変わってくるからです。
自分がいつ引退して、どんな暮らして余暇を過ごすかで、人それぞれ違うはずです。

そうはいってもそれが分からないって人に一般的に言われている金額を参考してもらえばと思います。
ゆとりある老後生活費・・・約36万 1億1,000万円
老後の最低日常生活費・・・約22万 6,700万円

この数字をみて自分のライフスタイルをどこにするかを決めてお金を貯める。
運用をしていくと未来は見えてくると思います。

私が初めて投資家になろうと思った時に、教わったことは、投資家マインドを身につけないということでした。

浪費家、消費家から投資家(お金持ち)になるには、投資家マインドにならいといけない。そしてポートフォリオを組み、資産運用で将来の不安を消しなさいと教わりました。

私が初めにおこなったことはグローバルな資産運用を始めて将来の不安を消すことから始め、将来の不安を消すことに成功しました。

グローバルなお金の知識、グローバルな資産運用とは?

日本にだけに注目していると見えてこない。世界に目をむけると見えてきます。
グローバルスタンダートの知識が今の日本には必要になります。
世界に目をむけると世界の平均株価の推移は右方上がりです。

ようするに世界に目をむけると、かつての日本のような国がたくさんあります。
そのような国に分散をして世界の平均利回りをとれば、リスクを減らし資産運用でお金を増やすことが可能です。

そしてそのような資産運用を富裕層やお金持ちたちは、プロに任せしています。

けして私たちのような初心者が運用したり、自己流で資産運用をしていません。
自分に合った私産枠を決めてプロに任せて資産運用をしています。

理想の私産枠は年収(手取り)÷12ヶ月×20%が毎月の私産枠です。
その私産枠を5:1:4(ゴイシ)の法則を使っていくと資産が貯まっていきます。

5:1:4(ゴイシ)の法則とは?

私産枠(年収(手取り)÷12ヶ月×20%)が決まったらお金を5:1:4(ゴイシ)の順番で分けていきます。
5:運用資金
1:貢献資金
4:充実資金

例)私産枠が月間6万円
運用資金 30,000円(50%) 
貢献資金  6,000円(10%) 
充実資金 24,000円(40%)

この法則を守るだけで、資産を作ることができます。
この運用資金で世界の平均を取り資産運用をしていき、配当型受け取りをできれば、増えた資産を少しずつもらいながら、余った資産を運用していけば、将来の不安は消えていきます。

純富裕層や富裕層はこのような資産運用して、余った資産と知識を子供や孫に残していきます。そしてお金持ちはより豊かになっていきます。

海外で運用する !?

国の借金残高は増え続けている現状がある。お金は増えるところに置いておかないと決して増えません。

やるべき対策は、デフォルト(債務不履行)、インフレ、円安のリスクを回避すること。
円以外の金融資産に換えて、海外の金融機関で運用することも頭に入れて考えてみることが重要である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です