お金持ちになれる人とお金持ちになれない人の違い

私も若いころ、20代後半によく考えたことがあります。
お金持ちになれる人とお金持ちになれない人、一体、何が違うかの?
当時、私は大手企業や上場企業で働けば、お金持ちになれると勘違いしていた時期があります。

給料もよくて、安定していて、そんな会社で働けば、人生が豊かに幸せでお金持ちになれると思った時期があります。

でも働きながら、私が思い描く人生とは違ったので、いろいろ考え始めて、徐々に出会う人を会社の人ではなく、会社外に出会う人を変えていきました。

そんな時に僕が出会った人たち、投資家、ビジネスマンの、おかげで人生が変わり始めました。
「人は出会いで人生が変わります」 常識が変われば未来が変わる。

お金持ちは何かビジネスで成功したか、元々、資産家の家に生まれた人がなれると思っていました。
今で、言ういいクルマに乗って、いい服をきて、タワーマンションに住み。テレビでよく出てる人たちのイメージでした。
でも、私が出会ったお金持ち投資家、資産家の人たちは、そんな人ばっかではなかった。

まず見て目に騙せれないこと。そして本当のお金持ちのマインドがない人は勘違いをしてしまう。
ファイナンシャルレリテラシーの低い人たちは収入が高いからお金持ちと、多くの人たちが勘違いをしています。

当時の私もそうでした。でも違うことに気づき考えが変わった時に、初めて本当のお金持ちが分かってきました。

収入が高くても、資産がないとお金もではないのです。収入が高くなくても、資産を多く持ってることが重要になってきます。

人間同じ24時間しかありません。その中で資産を大きく増やしてるいる人と、そうじゃない人がいます。

お金持ちの言葉、常識、習慣を学べば、お金持ちになれます。
私は教わったのは、お金を作る、増やす、活かす。

これの本当の意味を知ってないと、たとえラッキーで大金が入ってきても、失う人が大多数のずです。
世の中の大多数の人は巨万の富を手に入れても、それをうまく運用したり、さらに増やしていくだけの才覚がないので、手にしたお金が大きくなるほど、世の中の大半の人が「お金に縁のない」まま終わる最大の理由は、お金持ちの言葉、常識、習慣を知らないからです。

典型的な例が宝くじの当選者でしょう。せっかく手にした巨額のお金も、ほとんどの当選者がいつのまにか失ってしまうことが追跡調査で証明されています。結局は、自分でうまく扱える程度のお金しか手元に残らないということです。

もし全財産を失ったとしても、お金持ちのマインドが高い人たちの多くは、これとは正反対に、自分の手で富を築いた金持ちは、
短期間で取り返すことができます。たとえばそのいい例がドナルド·トランプやユダヤ系の人たちでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です