お金持ち日本の富裕層と世界の富裕層

富裕層とは?日本の富裕層の定義は?

2018年12月に野村総合研究所が発表した富裕層調査をもとにみると下記になります。
野村総研の調査では、金融資産の合計額から負債を差し引いた「純金融資産保有額」を基準に世帯を5つ分類。

  1. 超富裕層……純金融資産5 億円以上
  2. 富裕層……純金融資産1 億円以上5 億円未満
  3. 準富裕層……純金融資産5,000 万円以上1 億円未満
  4. アッパーマス層……純金融資産3,000 万円以上5,000 万円未満
  5. マス層……純金融資産3,000 万円未満

参考資料・データ:野村総合研究所(NRI)

日本における富裕層の割合

  • 超富裕層:8.4万世帯
  • 富裕層:118.3万世帯
  • 準富裕層:322.2万世帯
  • アッパーマス層:720.3万世帯
  • マス層:4203.1万世帯

日本では資産1億円以上は富裕層というイメージがありますね。億万長者って言葉も日本にいるとよく聞きます。さてグローバルスタンダードではどうなのでしょうか。

世界の富裕層たち

約1億円以上の資産を持つ富裕層のさらに上を行く層の超富裕層は世界に10万人以上いると見られている。

超富裕層が世界のどの国にどのぐらい住んでいるのかをまとめたグラフ「Grobal Wealth」が公開しています。

上記グラフを見ると総資産5000万ドル(約55億円)を越える超富裕層は世界に12万9730人、その約3分の1は北米のアメリカ(3万8500人)とカナダ(5500人)に集中してのがわかります。やはりアメリカです!

アジア地域での超富裕層が多いのはアジア内でのトップは9,960人の日本です。

アメリカの億万長者たちの特徴

気にあるアメリカの億万長者、富裕層たちは、一代で資産を築きあげた人たちである。
なぜ一代で億万長者になれたのか?

億万長者は自分に自信や能力を持つ人たちと言われている。
となりの億万長者ではこのように書いてある

・信託財産や相続資産から何らかの所得を得る人は19%に過ぎない
・相続資産が、資産の1割以上を占める人は2割に満たない
・過半数の億万長者は1ドルたりとも遺産相続を受けていない
・両親、祖父母その他の親戚から1万ドル以上の贈与を受けた人の割合は25%以下
・91%は経営する会社の株を贈与してもらっていない
・ほぼ半数は両親や新規から大学の学費を出してもらっていない
・今後遺産をもうう可能性がある人は1割をきる
〜となりの億万長者 成功生む7つの法則から〜

1892年にスタンリー・リバーゴットは447人の億万長者を対象にとして調査を行った『アメリカの経済』にもこの時の調査結果は84%の億万長者は相続の恩恵を受けずに、自分の力で資産を財を築いていたとある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です