時代は早く大きく深く変化し、ビジネスもテクノロジーも進化を遂げる

今の時代、進化速度が物凄く早い。
世界の技術革新の変化の速度は、50年前の50倍と言われる。

従業員2人で立ち上げたFacebookはたった5年で4億5千万人のユーザーを獲得
モバイル端末はわずか10年で50億個も普及し、120万種ものアプリが存在している。

“テクノロジーは21世紀は100年の進化ではなく20,000年分の進化を遂げる”
レイ・カーツワイル アメリカ合衆国の発明家

“2003年までに作られてきた人間の情報は今一日単位で作られている“
エリック・エマーソン・シュミット Googleの元CEO

強く感じるのは、これからの時代を生きていくには、企業も個人も時代の変化と共に、変化しいないと生けていけない時代になります。

時代の変化とインターネットの爆発的な普及により、ビジネスの形も常に変化しているからです。

近年新たなサービスが次々と提供されているシェアリングエコノミーはその代表的なものでしょう。

欧米などで急速に拡大しているシェアリングエコノミー「個人が保有しているものやサービスの貸し出しを仲介するサービス」

私も実際、海外でアメリカでこのシェアリングのサービスを使ったことがあります。

名前は一回は聞いたことがあると思いますが、タクシーサービスを安く・迅速に提供できる仕組みとして世界300以上の都市に展開しているUberです。

Uberは一般のドライバーが空き時間と自家用車を使って行うタクシーサービスです。

海外旅行に行くと、よくタクシーの料金ぼったくられたりすることもあります。ただUberはドライバーの身元がUber側で保証されているのと、料金やルートが乗る前にアプリ上で確認できるのるので安心です。

もう一つ代表的なものとしては宿泊シェアリングサービスを提供するAirbnbでしょう。

Airbnbは自宅の空き部屋を貸し出したい人と、部屋を借りたい旅行者等を仲介するサービスです。

これもAirbnbというインターネット上でお互いを繋いでるプラットフォーム型のビジネスモデルになります。

日本で有名なのはソフトバンクが変革する「シェアリング」でしょうか。

トヨタがソフトバンクと組んだのも時代の変化を物凄く感じます。

必要とする人が、必要なときに、必要なモノやサービスを利用すること。
個人や企業の資産を、インターネットを介して有効活用する取り組み「シェアリングエコノミー」が注目を集めています。

ソフトバンクは、ワークスペースとパーキングをシェアすることで、新たな価値を生み出そうとしています。 ソフトバンク

ソフトバンクはフリーランスやスタートアップ向けの「共用ワークスペース」、他のエリアと区切られた施錠も可能な「プライベートオフィス」、大規模なサテライトオフィスとしても活用できる環境を提供しています。

また新しいパーキング・シェア・サービスも提供しています。

シェアリングエコノミーは、現在、欧米を中心に急速に広まり始めていて、今後、日本でも流行ることは間違えないと思います。

今や高級ブランドのバックを購入するのではなく、レンタルビジネスまであります。本当に驚くべきことが訪れています。
毎月定額の会費を支払い、好きなブランドのバッグをレンタルできるというサービスが人気を呼んでる時代です。

このように数十年前ではありえない価値観やビジネスを見ると、企業も個人もその時代で合わせて変化して対応していける人が生き残っていくことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です